右翼分析

 このウェブサイトの話題の中心にあるものの1つは「右翼」です。皆さんは一体どのようなイメージを持つでしょうか。やはり良い印象を持っている人は悪い印象を持っている人よりも多くないのではないかと思います。そもそも右翼とはいったい何者なのでしょうか、私の知る限りの知識でご説明いたします。ウェブサイトの内容上ここは日本の右翼(右翼民族派と書かせていただきます)について書かせていただきます。

 右翼の辞書的な定義は「保守派。また、国粋主義、ファシズムなどの立場(広辞苑)」となっています。ブルボン王政を打倒したフランス革命のただなかの1791年に召集された立法議会において、立憲君主制によるブルボン王朝の存続を唱えたフイヤン派が議長から見て右側に、穏健な共和制を唱えたジロンド派が中央に、急進的な共和制を主張したジャコバン派が左側の席を占めていました。これが保守的、国粋主義的な思想をもつ人々を右翼と呼ぶ由来です(そして、急進的あるいは社会主義、共産主義的な思想をもつ人々を左翼と呼ぶ由来でもあります)。

 日本の国粋主義の始まりは江戸時代の国学にあります。しかし、このことと右翼は関係があるのかは私にはわかりません。明治時代には近代的民族主義が生まれ欧化主義と激しく争いました。1881年に玄洋社が作られ社長の頭山満をはじめ第二次世界大戦前の政界で大きな権力をふるいます。この玄洋社はアジア各地の独立運動を支援していました。しかし、日露戦争の頃には国家主義が台頭し、大陸進出が肯定されました。第一次世界大戦後には北一輝や大川周明などの右翼思想家が活動しました。大川周明は北一輝と対立し1919年に猶存社を結成しました。大川周明は第二次世界大戦後にA級戦犯として起訴されますが、精神障害を患ったとして免訴されます。ちなみに1923年に出版され陸軍皇道派将校たちのバイブルとなった北一輝の「日本国家改造法案大綱」には、私有財産の制限など社会主義的な内容があります。北一輝は二・二六事件のときに将校を扇動したとして処刑されます。このころには現代の右翼につながる「反共(共産主義に対抗すること)」を大きな活動指針とするようになります。

 ここで、もう一つ説明しなければならないのはあまり右翼思想と関係のない右翼団体です。1919年に原敬内閣の下で内務大臣床次竹次郎の指導のもとで作られた大日本国粋会は、博徒や侠客(要するにヤクザ)で構成され、主に当時隆盛を極めた労働運動や小作争議を鎮圧するために活動しました。大日本国粋会は他の任侠系団体と抗争をするなど、実態はほとんど暴力団と同じような組織でした(これが現在の指定暴力団、國粹会の源流であると言われています)。

 昭和の初めになると大陸進出を肯定する勢力が活発に活動するようになります。内田良平の組織した黒龍会などがそれにあたります。そしてそのために経済や社会の国家による統制を目指す動きが盛り上がります。いわゆる国家社会主義です。しかしこれには民族主義だけでなく社会主義的要素も入っていました。また佐郷屋留雄の浜口雄幸首相銃撃事件(1930年)や血盟団事件(1931年)、神兵隊事件(1933年)など右翼によるテロ、クーデター未遂などが相次ぎます。1930年代後半になると国家社会主義による「国家改造運動」は戦時体制として確立していきます。

 第二次世界大戦の後、そういった右翼勢力は公職追放されました。しかし、冷戦が激しくなるにつれ、日本が親米反共の立場をとるようになると、反共を唱える右翼と自民党は太いパイプを持つようになります。1957年には全日本愛国者団体会議(全愛会議)が設立され全国の右翼団体が加盟しました。1960年の安保闘争では、自民党の命を受けた右翼活動家で元A級戦犯の児玉誉士夫により、右翼や暴力団関係者が集められ安保反対のデモ隊を攻撃しました。その後も19601970年代の大学紛争などで過激派の攻撃や日本社会党、日本共産党関係の組織(日本教職員組合など)への襲撃や抗議活動が行われました。この時代、反共のみを主張する右翼が多く暴力団がしばしば介在していたそうです。この流れに反旗を翻したのが、一水会や統一戦線義勇軍、大悲会などの新右翼と呼ばれる右翼です。彼らの基本的立場は「反米愛国抗ソ救国、安保破棄、国軍創設」でした。新右翼関係者はよくメディアにも登場しますが、彼らは盛んに国家権力と対立するため、既成の右翼と比べるととても特異な存在です。しかし最近は新右翼以外の右翼でも反米を主張する者がおり、新右翼とその他の右翼が共闘したりすることも多くなっているので(1991年のソ連崩壊以降、竹島問題で韓国が従来の右翼の抗議対象に加わってからその傾向が顕著です)右翼の分類は極めて困難でしょう。

 (ここから2010526日追記)

 20098月に民主党が衆議院総選挙で圧勝し、9月に民主党、社会民主党、国民新党による連立政権が発足しました。ほぼすべての右翼民族派は反民主党を主張しているので、全国の右翼民族派は危機感を強めています。民主党の国会議員には輿石東参議院議員など元日本社会党の議員も存在し、右翼民族派最大の敵の1つである日教組・連合から政治献金も受けています。また、政権交代以降、民主党首班政権が外国人参政権や親東アジア外交、天皇陛下と中国要人との会談の実現など、右翼民族派の怒りを買うような政策(さらに右翼民族派が主張するには、中国からの1000万人の移民受け入れや人権擁護法案など)を実行していく一方で、民主党の鳩山由紀夫総理大臣や小沢一郎幹事長の政治資金疑惑は晴れないままです。そのため、政権交代以降は民主党への抗議活動にも力を入れるようになっています。しかし、そのために支持する政党は団体によって異なるようです。自民党の政権復帰を望む右翼民族派もいれば、民主党も自民党も同質であるとして国民有志の決起を呼びかける右翼民族派もいます。

そして、私が活動を見た限りですが、それに伴い警察への文句など活動時の行動の荒さが目立つようになったと感じます。そこには自らの主張と逆方向に世論が向いてゆくことへの焦りと苛立ちがあるのかもしれません。

(ここまで2010526日追記)

(以下2016314日追記)

民主党政権から自民党政権に戻り、右翼民族派は反政府でなくなりました。活動の重点は既存の反左翼運動や従軍慰安婦に関する吉田証言の誤報を認めた朝日新聞に対する抗議活動に移っています。自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)も共産党や民主党、社民党が手引きする「左翼」であるとして攻撃対象になりつつあるようです。しかし、右翼民族派も安倍晋三内閣や自民党を完全に支持しているわけではなく、竹島の日を未だに制定しないことや、日韓合意で従軍慰安婦の軍の関与を認めたことなどを受けて抗議活動を行っています。

一方、「行動する保守」を名乗る保守系市民団体の活動もこの10年ほどで活発化しています。その活動は差別感情に満ち溢れており、京都朝鮮初等学校襲撃などの事件と関係者の逮捕、在日特権を許さない市民の会の高田誠前会長は差別言動で法務省から勧告を受けるに至りました。最初「行動する保守」は右翼民族派と異なるものであると自らを定義していましたが、現在右翼民族派とお互いに影響を受けあっているようです。その一端として「行動する保守」の人間が右翼民族派と活動を共にしている一方で、最近右翼民族派からも「行動する保守」のように朝鮮人が反対勢力に対する罵倒語として出るようになっています。

その一方で、右翼民族派の中で自分たちの主張から外れたものを許さない空気になっているのではないかとみられる時があります。20153月に鳩山由紀夫元総理大臣のクリミア半島訪問に同行した「エセ右翼」一水会・木村三浩会長への抗議活動、SEALDsのデモ行進を自主的に警備していた全日本憂国者連合会議との係争などがそれに当たります。右翼民族派から意見の多様性は失われつつあるということなのでしょうか。

(ここまで2016314日追記)

 以上、右翼の流れに軽く触れてみました。間違いがあったらお教えください。現在右翼と言われて私たちがもっとも普通に考えつくのは、やはり日の丸や旭日旗、菊の紋(皇室の御紋)が描かれた街頭宣伝車(街宣車)を使う右翼だと思われます。右翼街宣車を初めて作ったのは大日本愛国党であると言われています。大日本愛国党は第二次世界大戦前の衆議院議員であった赤尾敏によって1951年に設立され、その関係者は1960年の浅沼稲次郎日本社会党書記長刺殺事件や1975年の三木武夫首相殴打事件など様々な事件を巻き起こしています。右翼主だった主張・活動としては以下のものがあげられます。

・反共

・天皇制の護持

・日本国憲法の改正

・領土の返還(特に北方領土)

・教育の正常化、愛国心の育成

・日本固有の精神、文化の護持

・以上の綱領に反する政治家・企業の糾弾

 これに伴った年中行事には次のようなものがあります。

12日 皇居への一般参賀

1月下旬〜2月 日本教職員組合(日教組)教育研究全国集会抗議活動

211日 紀元節(建国記念日)橿原神宮等参拝

429日 昭和の日 武蔵野陵参拝等

53日 憲法記念日 護憲集会抗議活動等

89日 反ロシアデー ロシア大使館抗議等

815日 終戦記念日 靖国神社参拝等

8月中旬〜下旬 全日本教職員組合(全教組)教育研究全国集会抗議活動

929日 反中共デー 中国大使館抗議等

1028日 竹島奪還デー 韓国大使館抗議等

1223日 天長節(天皇誕生日)

 その他、各地赤旗まつり、共産党、社民党演説会抗議活動等

 基本的には尊皇と反共に関連した、あるいは関連していた運動が多くみられます。社会民主党(かつては日本社会党)や日本共産党は護憲を主張していましたし、日教組と全教組はそれぞれ社会民主党、日本共産党の支持基盤ですし、赤旗まつりは日本共産党が主催しています。ロシアは社会主義国家ソ連の領土をほとんど引き受けていますし、中共は中国共産党の略です。また、社会主義組織と対立する動きがあればたとえ思想的な関係がなくても支援する傾向があります。チベット自治区や新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区、台湾の独立支援をするのはそのためと考えられます。

 多くの人は右翼民族派のことをうるさい、鬱陶しい、怖いと思っているかもしれません。しかし私は右翼民族派団体の街宣活動を否定する気はありませんし、うるさいとも怖いともあまり思っていません。私は議論の相手と認識しています。彼らも何かを訴えたいからあのような街宣活動をしているわけですし(彼ら自身うるさいことを理解しているようです)、それを頭から無視するわけにはいきません。右翼民族派の主張は理性的、論理的なものがあまりなく感情(民族感情)に訴えるものが多いのが特徴で(最近はそうでもありませんが)、何も考えずに聞けば頷きたくなります。しかし、少し主張について考え始めるとおかしな点が生じてきます。最近は右翼民族派団体も普通の市民団体のように徒歩デモをしたり署名活動をしたりすることが多くなっていますが、それでも前述の傾向が多々あります。このウェブサイトを見ている皆さんも街宣車から聞こえる演説を耳にしたら、違う思想(あるいは対立する思想)からの情報と比較して内容を検証し、自分なりの考えを形作ってみてはいかがでしょうか。

戻る

inserted by FC2 system